身近な人がコロナ陽性に!濃厚接触者になっちゃったかもしれない!そんな時どうする?

おはじぇみ🤙🌹
初めましての方も、いつもきてくださる方もありがとうございます。ジェミニです。

4月頭にはファイザーのワクチン2回目摂取が完了していた私たち医療従事者です。

デルタ株の感染力の強さとワクチン摂取からの時間経過という点で、周りの医療従事者にも感染者が増えてきました。

今回は、身近な人がコロナ陽性に!濃厚接触者になっちゃったかもしれない!そんな時どうする?という私の実体験を書いて行きます。

目次

コロナウイルスは突然に

私は、コロナ病棟で勤務していないため、コロナ陽性患者と接したことが今のところはありません。

一般病床からのコロナ陽性患者確認

他院では、手術をした患者が術後にコロナ陽性となった事例など報告されていますが当院では今のところありませんでした。

どこの病院でもクラスターの原因となりうる

ノーマーク患者からのコロナ陽性

今回当院でも起こってしまったのです。

ノーマーク患者とは

入院時にはコロナウイルス感染の所見がなく、通常診療のために一般病棟の大部屋などに入院した患者

ノーマーク患者と関わる時も、もちろんスタンダードプリコーションとしてマスクは着用しています。

また、患者も入院中はマスクの着用するようになっています。

しかし、口腔ケアや食事介助でマスクを着用していない状態での接触もあります。

そのほかに、患者に認知症やせん妄症状などがあると適切にマスクの着用ができていないこともあります。

つまり、

ノーマークの患者からコロナ陽性が出ると医療従事者は濃厚接触者になりやすい

コロナウイルス流行の最初の頃は多かった院内クラスターですが、ワクチン接種によってある程度抑えられていましたが最近はまた増えてきていますね。

突然の連絡

院内で患者からコロナ陽性が出たということは知っていました。

ジー君

じぇみ、俺ら明日一斉検査だわ。多分大丈夫だと思うけど、週末一緒にいたから、俺が陽性だったら、検査対象になるかもしれん。

驚きましたが、ワクチンも打ってるし大丈夫だろうという気持ちと、そこでの業務上感染の可能性もありうるなあという気持ちの両方がありましたね。

詳しい状況については業務上の守秘義務にかかわるのでお話できません。

同じ職場で働いていても、関わる部署や患者、スタッフが違うのでお互いに移しあうリスクはあったということです。

PCR検査と感染の経緯

院内で該当者の一斉検査が行われました。

まあ、大丈夫だろうと思っていたのですが

 

 

 

 

 

 

陽性だった。。。

彼が患者と接したのは1週間前の金曜日でそれ以降の接触はなし。

その翌日の土曜日から月曜日の朝まで一緒に過ごしていました。

陽性が発覚したのは、患者との接触から1週間後でした。

無症状陽性でした

私が行ったこと

この時は、私も彼も感染した時に行うべきことなどは、あまりよくわかっていませんでした。

ひとまず、私も無症状で陽性の可能性が否定できないのでどうにかしなければと思いましたね。

上司への報告

申し訳ないけど師長に報告して指示してを仰いでもらえる?

わかった。夜勤だから当直師長に聞くね。

師長に週末を一緒に過ごした相手が無症状陽性になったことを報告しました。

無症状陽性者について
  • 検査日が発症日扱い
  • 発症日の前2日間にN95マスク未着用で接触があれば濃厚接触者となる
心配よね

金曜日陽性発覚のため、週末一緒に過ごしていた私は濃厚接触者には当たらないとのこと。

もし心配であれば、月曜日に検査を受けられるように手配しておきますねと。

そうは言われても、全然安心できないよ。

たまたま夜勤帯に自部署の師長が現れたので報告したところ、月曜日検査受けてきな~と快諾してくれました。

土日にPCR検査を自分で受けるか検討

感染しているかもしれないという不安があっため、月曜日までまたなくでもいいのではないかとも考えました。

週末一緒に過ごしたことによって私が陽性患者であった場合、火曜日に実家に帰っていた私は大きな不安がありました。

  • ワクチン接種がまだである家族との接触
  • ワクチン接種後ではあるが祖父母との接触
  • デイサービスで勤務する母親との接触

これに関してはかなり心配になりました。

心配だったらPCR検査受けてきていいよ。

そう言ってくれましたが、接触者外来等で行えるPCR検査は2〜3万円

保険診療で行えるPCR検査は、症状ありor濃厚接触者の場合のみ

唾液で検査できるキット等のものも色々調べては見ましたが、値段も2000円〜1万円と幅があることや検査方法についてよくわからない点がありました。

感染していないだろうけど、旅行や出張のための念の為のPCR検査であればそういったものでも良かったのかもしれません。

土日を自宅で過ごして、月曜日に検査を受ければ特に問題もないなと思い、検査は受けずに過ごしました。

土日に情報収集

お互いに色々な情報を収集していました。

自分が陽性かもしれないという不安

自分が感染させたかもしれないという不安

共に色々不安があったなと思います。

同じ条件で陽性になっていた他スタッフが、感染対策の人に色々聞いてくれていました。

感染して1〜3日間くらいは、人にうつすことはあまりない

イーちゃん

結婚式で実家に帰って家族と過ごしていたけど、PCR検査受けてもらってみんな陰性だったよ。だから大丈夫よ。

似た条件下での話は安心につながりましたね。

明日の検査を受けて陰性を確認して安心しようと思えました。

月曜日にPCR検査

師長は、他のスタッフにわからないように検査へ行かせてくれました。

配慮に感謝です。

が、普通に朝から手術対応はしてました。

師長

体調はどう~?なんともないならきっと陰性よ。大丈夫。

確かに濃厚接触者扱いにもなっていないため、そういわれるのもややわかりますが。

私が陽性だったらどうなっていたことか(笑)

 

 

 

検査結果は、陰性

ほっとしましたね。

ああ、ほんとによかった。

デルタ株流行

今回の件で私が感じたこと

ワクチンを打っても感染するデルタ株を身をもって実感しましたね。

また、ワクチンを打ったから無症状であったということも考えられ、やはり他人に移すリスクはあると感じました。

無症状陽性がワクチン接種者に多い現状ゆえに

自分が大切な人を感染させてしまったかもしれない

という不安は、やはり計り知れないものだなとジリジリと感じました。

【自分にとって大切な人とはなにか】を洗い出すいい時間にもなりました。

最初の頃を改めて思い出して引き締めようとも思いましたね。

病院の状況

Twitterでも病床のひっ迫を訴えている人がたくさんいます。

コロナを多く受け入れている施設ではありませんが、当院も酸素投与が必要な患者の救急要請を夜中に何十件も断っている状況があります。

今は、「感染してもなんとかなる」だった以前とは状況が違います。

感染しないように過ごしていきましょう。

しばらくは自粛でおとなしく過ごします~。皆様もお気を付けください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる